main2

公益財団法人日本乳業技術協会(JAPAN DAIRY TECHNICAL ASSOCIATION)
 〒102-0073 東京都千代田区九段北 1-14-19 乳業会館1階
  TEL 03-3264-1921 FAX  03-3264-1569

乳・乳製品のおいしさと信頼のために

 

 日本乳業技術協会は、乳・乳製品の品質と食品衛生の向上、酪農・乳業の振興、そして、豊かで健康に良い食生活に寄与することを目的として、乳・乳製品の成分や微生物の検査、その方法の研究、検査技術の研修や外部精度管理調査(技能試験)などを中立公正な立場で行っています。

よりお役にたてるように

 大正8年1月、大日本煉乳協会試験部の発足以来、大きな時代の変遷を経て乳・乳製品の検査や研究は続けられました。その実績や成果を受け継いだ日本乳業技術協会は、日本で唯一の乳・乳製品の検査機関として、酪農乳業みなさまの試験室として、さまざまな試験検査の依頼にお応えし、また、食品衛生法に基づく登録検査機関として実績を積み重ねてきました。平成25年4月、公益財団法人としての再スタートを機に、よりお役にたてるよう、さらに研鑽を積んでまいります。

 

より信頼にお応えできるように

 国際的な試験所の品質保証規格であるISO/IEC17025の認定を取得しています(公益財団法人日本適合性認定協会:Testing:RTL03520)。FAPAS、ACTALIA Cecalait、ICAR、MRIなど国際的な外部精度管理調査(技能試験)にも積極的に参加して、品質保証への取り組みを続けています。

  
     

お気軽にご利用いただくために

 試験検査や研修は、目的に応じてきめ細かく実施しており、ご利用いただくみなさまのご要望にお応えできるよう努めています。

 外部精度管理調査(技能試験)、校正用の試料乳の配布などのお申込み、乳・乳製品の試験、検査等に関するご相談もお受けしています。

 お気軽にお電話やメールでお問い合わせください。

          

公益財団法人日本乳業技術協会の沿革と経緯

1919年4月 (大正8年) 大日本煉乳協会 設立  (以下前身省略)
1950年8月 (昭和25年) 財団法人日本乳製品技術協会 設立  (設立許可:農林大臣)
1956年2月 (昭和31年) 農林大臣・厚生大臣 共管
1957年4月 (昭和32年) 財団法人日本乳業技術協会に名称変更
1961年3月 (昭和36年) 日本農林規格登録格付機関として登録 (農林大臣)
「バター・れん乳・粉乳」
1963年2月 (昭和38年) 指定乳製品検査機関として指定 (畜産振興事業団)
1969年2月 (昭和44年) 新乳業会館へ移転・区分所有 (東京都千代田区紀尾井町)
1976年9月 (昭和51年) 日本農林規格登録格付機関として登録 (農林水産大臣)
「アイスクリーム類」
1982年7月 (昭和57年) 食品衛生法に基づく指定検査機関として指定 (厚生大臣)
1999年3月 (平成11年) 新乳業会館へ移転 (東京都千代田区九段北)
2003年4月 (平成15年) 食品の製造過程の管理の高度化に関する臨時措置法に基づく指定認定機関として指定 ( 厚生労働大臣・農林水産大臣 )
2003年4月 (平成15年) 乳・乳製品の日本農林規格の廃止 (JAS格付業務の廃止)
2004年4月 (平成16年) 国際酪農連盟日本国内委員会事務局業務の開始
2004年6月 (平成16年)

食品衛生法に基づく登録検査機関として登録 (厚生労働大臣)

(指定検査機関制度廃止)

2012年6月 (平成24年) ISO/IEC17025:2005認定
2013年4月 (平成25年) 公益財団法人日本乳業技術協会へ移行 (内閣府公益認定委員会 認定)
2019年4月 (平成31年) 国際酪農連盟日本国内委員会事務局を一般社団法人Jミルクへ移管

指定及び登録

厚生労働大臣 食品衛生法に基づく登録検査機関
厚生労働大臣 農林水産大臣 食品の製造過程の管理の高度化に関する臨時措置法に基づく指定認定機関
全国飲用牛乳公正取引協議会 検査機関
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com