MENU

シンポジウム

酪農科学シンポジウム2022のご案内

[更新:2022年8月15日]

【酪農科学シンポジウム2022】プログラム(敬称略)
「テーマ:地域連携に貢献する酪農科学研究」

日時:令和4年9月9日(金)9:50~17:30
場所:日本獣医生命科学大学・B棟B511教室    東京都武蔵野市境南町1-7-1 

大会実行委員長:佐藤 薫(日本獣医生命科学大学)
 事務局:三浦 孝之(日本獣医生命科学大学)
 連絡先:日本獣医生命科学大学 応用生命科学部食品科学科(Tel 0422-32-7310)
<参加費>         シンポジウム:無料
 情報交換会 :中止とします
参加を希望する方は下記のサイトからお申し込みください。
https://formok.com/f/jhw731bu

 

~開会の挨拶        会長:浦島 匡(帯広畜産大学教授)(9:50~10:00)

基調講演
1.「北海道における酪農飼養形態と乳の品質との関連」(10:00~10:45)
北海道大学大学院農学研究院 三谷 朋弘
農研機構 北海道農業研究センター 朝隈 貞樹、篠田 優香、上田 靖子

座長:佐藤 薫(日本獣医生命科学大)           
 

招待講演
2.「十勝地区での乳質向上に向けた取り組み」(10:45~11:15)
  よつ葉乳業株式会社 研究統括部 中央研究所 内田 健治

座長:中島 肇(和洋女子大学大学院総合生活)

3.「非スターター乳酸菌による熟成チーズスターターの開発」(11:15~11:45)
農研機構食品研究部門 食品加工・素材研究領域 小林美穂

座長:中島 肇(和洋女子大学大学院総合生活)

(11:45~13:15)評議員会 B棟B513教室
 (13:15~14:15)ポスターセッション B棟B512教室

4.「カゼインの特性を利用した乳の高付加価値化」(14:20~14:50)
  南日本酪農協同株式会社 商品開発部 中野智木

座長:向井 孝夫(北里大学獣医学部)


5.「酪農・乳業を通したトモヱ乳業の地域貢献」(14:50~15:20)
トモヱ乳業株式会社 商品開発部 原 来人

座長:向井 孝夫(北里大学獣医学部)


6.「量子ビームを活用した牛乳内カゼインミセル構造の研究」(15:20~15:50)
高エネルギー加速器研究機構 高木秀彰

座長:北澤 春樹(東北大学大学院農学研究科)

7.「とかち地域住民の健康増進を目的とした産官学連携による取り組み~軽運動と乳たんぱく質摂取の効果検証~」(15:50~16:20)
株式会社明治 研究本部 乳酸菌研究所 三本木千秋、中山恭佑

座長:北澤 春樹(東北大学大学院農学研究科)

(16:20~16:30) 休憩

8.「新規たんぱく質栄養指標の可能性について」(16:30~17:00)
  森永乳業株式会社 研究本部 健康栄養科学研究所 田畑 風華、和田泰明

座長:三浦 孝之(日本獣医生命科学大)


9.「Lactobacillus gasseri SBT2055による抗老化作用・機序の解明」(17:00~17:30)
雪印メグミルク株式会社 ミルクサイエンス研究所 中川 久子

座長:三浦 孝之(日本獣医生命科学大)


~学会賞および若手優秀ポスター賞表彰(17:30~17:45)
  会長:浦島 匡(帯広畜産大学)
  副会長:中島 肇(和洋女子大学) 

~閉会の挨拶~ (17:45~17:55)
大会実行委員長:佐藤 薫/次回大会実行委員長:西村順子(福島大学)

大会事務局:シンポジウムに関するお問い合わせ
180-8622 東京都武蔵野市境南町1-7-1
 日本獣医生命科学大学 応用生命科学部食品科学科
  事務局:佐藤 薫 e-mail: kaoru.sato@nvlu.ac.jp
  庶務担当:三浦 孝之(准教授) e-mail: t-miura@nvlu.ac.jp

〒0155-49-5229 北海道帯広市稲田町西2線11番地
帯広畜産大学、生命・食料科学研究部門、食品科学分野、食品機能学系 
学会長:浦島 匡(教授)urashima@obihiro.ac.jp


シンポジウム開催状況

これまでのシンポジウムsymposium

ページトップへ